太陽光発電と地球温暖化の関係

太陽光発電と温暖化

そもそも地球温暖化って何?

gf0110094133l

 

 

近年では温室効果ガスについて、昔よりも増えすぎてしまっている状態が続いており、地球の温暖化に関して問題視されることがあります。温室効果ガスはその主要成分の中には二酸化炭素が含まれており、代表的な成分になります。二酸化炭素は石炭や石油を燃やすことによって排出されることが多いものとして広く認知されており、例えば工場や発電所、自動車の排気ガスなども代表的な例になります。また、地球の温度が上がることによって、水面が上昇する可能性も高いことが指摘されており、動植物に与える影響も大きいとされています。地球には多くの森林を有していますが、近年では樹木の伐採も進んでいるために、貴重な酸素を排出するための資源が減少傾向にあることも悪影響の一因とされています。温暖化を防ぐためには現在では有力視されているものに、太陽光発電のシステムがあります。太陽光を利用して発電することは二酸化炭素を発生することが無いために、かなり効果的に機能することになります。また、自動車のエコ化として新しい技術も進化している段階で、各電化製品などもなるべく電力を使わないものに変わりつつあります。その結果として将来的には地球の温暖化に歯止めをかけるための効果を持っています。

コメントを受け付けておりません。