太陽光発電と地球温暖化の関係

太陽光発電と温暖化

地球温暖化を止めるにはどれだけ普及すればいいの?

現在、大変な問題となっている地球の温暖化現象は、今この瞬間も進み続けています。
そのため、何年も前から世界中で温暖化の防止をするため、自然エネルギーを活用する動きが広まっています。
特に代表的なのが太陽光発電システムです。
風力発電や、地熱発電などの自然を利用することも多いのですが、風の強い場所や、火山の近い地熱の高い場所などでないと設置することは難しくなります。
その点、太陽光発電なら太陽の光があれば世界中どこでも利用することができますので、非常に注目を浴びています。
温暖化現象の原因のひとつと言われている温室効果ガスを防止するため、太陽光発電をもっと普及させていかなければいけません。
日本の全ての施設に太陽光発電を設置するだけでは、温暖化を止めることは難しいことかもしれません。
車の排気ガスの削減や、各家庭の省エネも進めていくことが必要ですし、日本だけではなく世界中でも同じように広めていく必要があります。
中国やインドなど発展が目覚しい国では、温暖化の原因となるガスの排出がこれからも増えていくことになり、先進国からの忠告がどれだけ通用するのかも分かりません。
しかし、それらのことを伝えるためにも私たちが良い見本となることが重要でもあります。
これからの日本人の生き方が、未来の世界の見本となることを願います。

アイランド03

コメントを受け付けておりません。