太陽光発電と地球温暖化の関係

太陽光発電と温暖化

地球温暖化が進む?

現代社会になくてはならない存在として電力があります。電力というそれまでにはなかった新しいエネルギーを利用することで人類の生活は大きく変貌を遂げました。しかし、この電力というエネルギーは自然から直接手に入れられる性質のものではなく、発電所において電力を作り出すという工程が必要です。
世界の多くの地域では、発電のシステムとして火力発電が用いられています。火力発電所では石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を燃焼させることで電力を作り出しています。しかし、電力の使用量が増加するのに比例して化石燃料の使用量も増加し、その際に発生する温室効果ガスによる地球環境への悪影響が近年では深刻になっています。
温室効果ガスが大気中に増えてしまうと地球の温暖化が進んでしまいますが、それを防ぐために化石燃料による発電を減らすことは現代社会にとって大きなマイナスとなります。
そこでこれまでとは異なった新しい発電方法として、太陽光発電が注目されているのです。太陽光発電では電力を作り出すエネルギー源となるのは太陽の光です。そのため、従来の発電方法では避けることのできなかった温室効果ガスの発生がほとんどありません。太陽光発電は温室効果ガス排出抑制効果が高い発電方法として大きな期待が持たれているのです。

アイランド02

コメントを受け付けておりません。