太陽光発電と地球温暖化の関係

太陽光発電と温暖化

地球温暖化が与える影響

人間の生産活動に伴う大量の二酸化炭素の排出によって地球の環境が大きく変化しています。二酸化炭素は温室効果ガスと呼ばれ、太陽光を浴びて暖められた地表が発する赤外線を吸収する特性を持っています。二酸化炭素の濃度が低い場合には地表から出る赤外線は宇宙へと排出されて地球に留まる熱は少ないものとなりますが、濃度が高くなるにつれて地球が抱え込む熱の量は増えていきます。
この現象は気象条件に大きな影響を与えます。各地における気温の上昇、南極の氷が溶けること、海水自体が熱膨張することで海面の上昇を引き起こします。海面が上昇すれば、必然的に海抜の低い陸地は海に侵食され、人の住めない環境となります。北極の氷が溶けることで大地そのものを失って住処を追われる白熊、更には国土そのものが消失しする危機に襲われている国も存在します。
この地球規模の環境問題は全ての国が協力して取り組まなければ解決することは出来ません。大切なことは石油などの化石燃料の使用の抑制、二酸化炭素吸収のもとになる森林の保護、持続的に再生可能なエネルギーの確保です。その中でも、最も有力視されているものが太陽光発電であり、火力、原子力に頼らずに現在の便利な生活を保ちつつ、二酸化炭素の排出量を減らすことが出来るのです。
まずは御自身で太陽光発電を導入すること、それが全ての人に与えられた課題です。

gf1120110828l

コメントを受け付けておりません。